• TOP
  • 製品コンセプト
  • ROAD
  • RS8

RS8

理想のレース設計を、タフなカーボン素材で実現
レースDNAを体現するピュアレーサー

ロードレーサーとしてあるべき性能を、より使いやすいスペックで。走りだけにとどまらないあらゆるパフォーマンスをすべてのライダーに提供するRS8。俊敏な加速性を持ったカーボンロードとしての走りの性能を極めていく。カーボンロードレーサーとして理想の走行性能を、耐久性も兼ね備えた高いパフォーマンスとともに実現する。そのために設計と素材の選択を一から行ったレーシングカーボンモデルである。


適切な素材の選択:相反する強さと軽さ

RS8の開発にあたり、まず考えられたのは適切な素材の選択であった。理想のジオメトリーに対し、性能だけでなく強度も考えた素材を使うこと。軽いに越したことはないが、特に輸送時や輪行時、例えば高校生レーサーのラフでタフな扱いにも耐え、長く乗ってもらえることを重視した。そこで従来のカーボンフレームとは異なる構造、繊維素材を中間層に積層。これにより強さと軽さの高いバランスを誇るカーボンチューブが可能となった。
フレーム前三角、ヘッドチューブは下側のベアリング径を1-1/4とし、ダウンチューブも上下左右に広げてBBシェルを押さえ込む独自のシェイプとしたことで高い剛性を獲得。 さらにシートステーでは必要な剛性を確保しつつ高い振動吸収性を提供するしなやかさが強調される形状だ。ジオメトリーとフレーム形状の最適化という設計思想のもと、高い加速性、反応性を持つ機敏な走りを実現。
その一方で、トップチューブは快適性を重視してロングライドモデルのRL8と同様の形状とし、カーボン素材ならではのしなやかさを味わえるものとなっている。


レーサーが臆せず使える最適スペック

フレーム重量は1170g(490サイズ)。過度な軽量化は追求せず、トレーニングからレース本番まで徹底的に乗り込める、実用性と耐久性を考慮したスペックとなっている。近年レーサーたちに急速に普及している電動変速コンポにも標準対応する。また、機械式を装備する場合にワイヤーを外回しにしているのは、シフトレバーの引きが重くならないようにという配慮である。
ギミックを使うことなくストイックに、理想の走行性能をアンカーのプライスパフォーマンスで実現するRS8。果敢にレースに挑むライダーにこそ、臆することなく、この機敏な走りを楽しんでほしい。