• TOP
  • 製品コンセプト
  • ROAD
  • RL

RL

もっともっと踏みたくなる、長距離を走る心地よさをより身近に
PROFORMATで、より遠くへと気持ちよく

より心地よく、より遠くへ進むロングライド用フレーム、それがRLシリーズだ。大事にしたのはしなやかな乗り心地と、フレームからのリズム感の良い反発力。PROFORMATを駆使してその設計思想を突き詰め、走りの無駄をそぎ落とし、疲れにくい走りを実現させた。PROFORMATでの解析で主に着目したのは、必要なところに必要な分だけの剛性を持たせること。剛性は車体の推進力を高めるが、反面、乗り心地を硬く疲れやすくする。その両面での理想の走りと強度を最小限量の素材で実現。結果、重量も軽くなり、RL9のフレームセットの重量は1,390g(480mm)にまで抑えられた。
RLシリーズの設計思想を「洗練された走り心地」だと設計陣は語る。乗り心地に感じるしなやかさとは、細かな部位ごとの剛性、その全体バランスだ。ペダルを踏んだとき後ろがよじれず、フレーム全体で振動を吸収させる。そのため細身のフレームをベースに、横扁平の強いパイプを使い、剛性としなやかさのバランスを取った。


こだわりを尽くした細部の形状と造り

フレーム全体に曲線と曲面を多く使い、やわらかな印象を与えるように配慮した。下玉押しのいらないフォーククラウン、ワイヤリングのルート見直しなど、より洗練されたアッセンブルとなるよう設計を行った。
加えてフォークも、緩やかなアールを描いて曲がる形状の、薄い断面を持つベントフォークを採用し、走行時の振動を滑らかにする。フォーク後ろ側のアールは大きく、前側を小さなアールに。「細身でシャープな形状となるようこだわりました」(開発チーム)
搭載するパーツのスペックも快適さを求めたものだ。標準装備のタイヤは25Cと太めのもの。28Cの太さまで対応できるクリアランスを設定した。シートピラーに27.2mmサイズを採用するのは、そのわずかなしなりも快適さに活かしたいからだ。


最高級カーボンのRL9、耐久性も求めたRL8

フラッグシップモデルであるRL9には、最高級カーボン素材であるハイモジュラスカーボンが使われる。一方で、コストパフォーマンスに優れた標準弾性のカーボン素材を使用するのが、アップデートされたRL8だ。RL8はRL9と比べ重量は少々増すも、耐久性は上がっている。輪行などの移動にも臆することなく、数多くのルートを走り、その楽しさを味わってもらいたいからだ。


洗練された走りと車体作りを体現する

200km超えのイベントを走っても疲れにくい、これがRLシリーズのイメージだ。気持ちよく進み、疲れにくく走れる。PROFORMATでロスをなくした長距離用ロードバイク。走りとして、そしてバイクそのものとして『洗練』をイメージしたRLシリーズ。このロスなく心地よい走りを、次のロングライドでぜひ体感していただきたい。