• TOP
  • アンカーについて
  • PROFORMAT

RMZ

PROFORMAT

PROFORMAT

アンカーはこれまで長きにわたり、走りを数値化し、フレーム作りに フィードバックすることを命題としてきた。自転車というプラットフォームの中に無数にある、わからないことを一つ一つ理解する。これを数多く繰り返し、理想とする走りを追い求めてきたのだ。自転車の開発というのは、とても小さな変化を見つめていく作業である。しかし、その小さな変化を評価するのは、あくまで乗り手の感覚。経験を多く積んだ開発陣であっても、テストライダーの感覚を言葉にした評価を数字に変換し、次のプロトタイプの設計効果を推測するしかない。これまでの自転車開発の多くには、このような経験値や推測、感覚や言葉という、言わばあいまいな評価に頼る手法が取られてきた。その自転車開発の研究手法を一つ上のレベルに上げたのが、アンカーとブリヂストン中央研究所が共同で創り上げた推進力最大化解析技術『PROFORMAT』だ。自転車の推進力、すなわちペダルを漕いだときのエネルギー効率を最大に高めるため、フレーム各部の細かな変化や変形を数値データとして拾い上げる。そこから生まれた設計理論を、実際のフレームとしての感覚へ戻す。PROFORMATとは、この解析プロセスすべてを総称する、最新のフレーム開発システムの一部である。


フレーム造りで目指すのは一つ、 最適化

ブリヂストン中央研究所とは、(株)ブリヂストンの研究部門。社の主な製品である自動車用タイヤをはじめとするさまざまな製品の開発研究を行っている。なかでも専門である分析と計測、そして予測解析(シミュレーション)には数多くの実績とノウハウを重ねてきている。このアンカーとブリヂストン中央研究所との共同研究により、自転車選手が感覚として感じている『求められる性能』を、これまで以上に正確に解析、数値化することが可能となった。バイクにかかる応力だけでなく、伝達効率、素材、空力、形状、寸法、人、強度、剛性、重量などをトータルで考慮し、人が自転車に乗ったときの感覚を精緻に数値化する。こうした総合的なシミュレーションを行い、“レースで勝つ”、“長く快適に乗る”といった目的別に、フレームの最適化を目指しているのだ。

PROFORMAT
ライダーを含めた細かな走り分析と予測

2013年のあるプロトタイプのインプレ試験にて、開発チームは選手からこんな意見を聞いた。
「"後輪を引きずる感じがする"と言うんです。ひどいときは"パンクしてるように感じる"とまで。なぜだろう? これは一体どういう現象なんだろう? もしかすると後輪のブレに関連するのでは? というところから始まったんです」
そこで開発陣は、後輪の舵角がなんらかの要因で進むべき方向とは違う方向に向いているのでは、 という仮説を立てた。そしてその仮説の証明のため、ブリヂストン中央研究所が持つ専門的な解析技術の応用を思い立つ。研究所の持つ最新の解析ノウハウは、ライダー乗車時にもフレーム各部の細かな分析を可能とし、その結果仮説通りのフレーム変形が見られた。さらに、その無駄な変形を抑えるよう予測シミュレーションした設計データを応用すると、実際のペダリング時にも後輪の舵角変化が少ないフレームが生まれた。「選手が言ったことは、やっぱり当たっているんです。それを設計陣でもわかりやすい物理現象に置き換えるのが、PROFORMATです」。

走りを数字に、数字を走りに、より正確に

PROFORMATを使っての研究結果を初めて応用したのが、ロードレーシングフレーム、カーボンモデルのRS9であり、アルミモデルのRS6だ。レースという極限の状況においても、バイクの推進力を可能な限り高めたことで、ライダーへの疲労を軽減し、速くする。
一方で、ロングライド用には疲れずに進む、という要素が重要になる。推進力を高める=人のエネルギー効率のロスを下げる、となるとむやみに剛性を高めるのではなく、しならせつつ疲労を軽減する。これがカーボンモデルRL9、アルミモデルRL6の設計思想だ。
こういった目的に応じたフレーム性能の最適化を、フレーム素材の選択や厚みの決定に至るまでシミュレーションし設計、その実車をさらに計測し証明できるPROFORMAT。アンカーがフレーム設計の根底としてきた『走りを数字にし、数字を走りに戻す』手法を、より科学的に、次のレベルへと引き上げた開発システムだ。アンカーの自転車造りは、PROFORMATと共にさらなる進化を遂げる。